SUKA!アジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 耳かきの極意

<<   作成日時 : 2007/01/15 20:07   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


エイジアンナビゲーターは、“極度の肩こり”です・・・(笑)その昔、女子バレーのナショナルチームで活躍した郎平選手は、その強力なアタックから「鉄榔頭(鉄のハンマーの意味から鉄の拳と称された)」と呼ばれていますが、エイジアンナビゲーターは、まさに鉄背!?鉄の背中です・・・(汗)会員になっているマッサージ店では、いつもマッサージ師のZ先生に『何でこんなに硬いかなぁ〜』と、呆れられながら、首から肩、背中にかけて念入りにマッサージしてもらいます。その日は、ふと思いついて今までやったことがなかった『采耳』にチャンレンジしてみました。


そう、采耳とは 耳かき  のこと。
日本でも、昨年は東京や名古屋などで「耳かきサロン」なるお店が
注目されていたようですね。
耳かきの講習会も盛況だったとか・・・。
北京では、10元(約150円)くらいから、やってくれる激安店も
ありますが、「たかが耳かき、されど耳かき」やっぱり、
ちゃんとしたところでやることをおススメします。
ちなみにエイジアンナビゲータがーやったのは、
会員割引で68元くらいでした。


画像


待つこと数分。
現れたのは、まるで一人芝居の舞台で、白衣を着て登場した
柄本明さんのような先生・・・・・(笑)
しかも、トンネル工事の人が頭につけているようなライトを
巻いています。
一瞬、『オイ!オイ!だいじょうぶ〜』と思いましたが、
何やら妙な貫禄があるし、慣れた手つきで準備をしているので
思い切って身を任せることに・・・。
冒頭写真のような専門道具を使って、手際よく作業を進めます。
耳の外側の産毛剃りから始まって、外耳道の掃除、
その後徐々に中へ進み、最後は耳マッサージで、
あっという間に終了!

いやいや・・・プロはスゴイですね。
耳に小指を入れて触ってみても、カスひとつないんですよ。
自分でお手入れすると、どうしても細かいカズなどが
残ってしまって何だか不完全ですが、もう完璧!
耳のなかスルスル、スベスベって感じです。 
おまけに、昔から民間で使われている聴力を測る道具みたいなモノで
聴力検査もしてくれるし、『アンタの耳は正常』なぁ〜んて言って
耳の状態も見てくれるし、たまぁ〜にやってもらうのもいいかもね。


【郎平】
元中国女子バレー国家チームのエースアタッカー
1978年に中国代表入り。
1981年のワールドカップ優勝を皮切りに、2度の世界選手権優勝、
1984年ロス五輪金メダル獲得など、80年代の中国女子バレーを
支えた大黒柱。
80年代後半に代表チームを引退し、その後アメリカに渡って
指導者としての経験を積む。
1995年中国代表チームの監督に就任(中国初の女性監督)
わずか数年で、アトランタ五輪銀メダルを獲得。
2005年アメリカ代表チームの監督に就任し、北京五輪では、
アメリカチームの指揮をとる予定。


※イメージ写真は百度ネットより借用

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も耳かきが大好きです。毎日カリカリしたいくらいです。でも、日本の耳鼻科にかかったとき、傷だらけですから、少し控えてくださいといわれました。うーん。そういうありがたい方、アメリカにいないですかね・・・ところで郎平先生!セッターではなかったでしょうか。すばらしい選手でしたよね。
cowgirlimuk
2007/01/19 22:44
きもちよさそうですね。
恥ずかしながら、小生耳かきをしません。8年前、カミさんが耳かきを(強制的に)してくれたとき、なかから芋虫のような耳クソ(食事中の方すみません)がニョロニョロとでてきました。いまだに我が家の女性たちの話題です。
それからまた数年、こんど耳掃除をやる(やらされる)時をびびって待っています(^^;)。
その店、どこですか?
ひるね
2007/01/19 23:22
cowgirlimukさん
そうですね。耳鼻科の先生が管理しているサイトを見ると「耳ほりしすぎても良くない」とありました。何でも、ほどほどでしょうね・・・(笑)
ところでcowgirlimukさんも、現役時代の郎平監督を知っているんですね。中国オリンピック委員会公式サイトの中にある「スポーツ界のヒーロー・ヒロイン」のコーナーでも確認しましたが、主攻手(エースアタッカー)となっていました。しかも、アメリカのフロー・ハイマン選手、キューバのミレーヤ・ルイス選手と共に「80年代世界三大アタッカー」の1人だそうです。やっぱり世界の「鉄榔頭」!!ちなみに北京へ来たばかりの頃、中国語で会話が成り立たなくても、北京人の前で「郎平」の名前を出すと、その場が和むという経験を何度もしました・・・(笑)

※ハイマン選手は、日本リーグの試合中(当時日本の実業団に助っ人として参加)に意識を失い、搬送先の病院で亡くなったそうです。
エイジアンナビゲーター
2007/01/19 23:40
ひるねさん
いつもの店です・・・・・(笑)
今度どうですか?
芋虫ニョロニョロ見てみたい・・・・・・・(汗)
エイジアンナビゲーター
2007/01/19 23:43
耳掻きが大好きな私。
耳粘棒という粘着式の綿棒を愛用している上に、
耳専用の「掃除機」も持っているんです。(笑)
でもやっぱり専門の人に取って貰いたいなぁ〜
タップリ貯めて、北京へGO!
こぶたのほっぺ
2007/01/20 04:57
こぶたのほっぺさん
“耳専用の掃除機”なんてあるんですか?スゴイですねぇ〜。
でも、この柄本明氏風の耳かき先生は、掃除機らしきものは何も使っていないのに、カスひとつ残しませんでした。やっぱプロですよね。
百聞は一見にしかず・・・北京でお待ちしています。
エイジアンナビゲーター
2007/01/20 20:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
耳かきの極意 SUKA!アジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる