SUKA!アジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜を背負った男たち 〜ラグビー日本代表チーム〜

<<   作成日時 : 2009/05/24 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


5月23日(土)楊(厂の中に昔)港体育場(イオチューカン・スタジアム)で、ラグビーのHSBC Asia 5 Nations(アジア五カ国対抗戦)の最終戦が行われ、日本代表チームがシンガポール代表チームと対戦しました。その試合前の貴重な時間に、日本代表チームのキャプテンにインタビューさせていただいたエイジアンナビゲーター。しかも自慢じゃないですが、私ラグビー音痴です・・・(笑)代表チームの宿泊するホテルへ向かう車中、「でっかい人なんだろうな」とか「ラグビーも知らないヤツが来たと思われたらどうしよう・・・」など、やや緊張気味に向かった先には “桜を背負った心優しきサムライ”がいました!


この日は練習前ということで比較敵ラフな格好で出迎えてくれたキャプテン。
日本代表チームの来ているTシャツには、ユニフォーム同様、の花がデザインされ
肩には大きく JAPAN の文字が!!

袖には日本のプライドを武士道で表した七つの文字が刻まれていました。
忠義 礼 誠 仁 勇 名誉 これが七つの武士のキーワードとなっています。

ちなみに、このTシャツのレプリカを購入することも可能です。
詳しくはカンタベリーショップのサイト(日本語)をご覧ください。
http://www.goldwin.co.jp/canterbury/products/rugby/japan/ra37901/ra37901.html



画像

さて、このお方が、現在日本代表チームを引っ張るキャプテン 菊谷崇 さんです。
ポジションはFL(フランカー)
187センチ、体重100キロの堂々たる体です。
でも、ご本人いわく・・・「これでも平均的な方で、まだ大きい人はいる」ということでした。
普段はトヨタ自動車ヴェルブリッツ(TOYOTA MOTOR Verblitz)に所属して活躍しています。

※写真はキャプテンご本人と、ラグビー協会から許可を受けて掲載しております。


画像

お会いする前から親しみを込めて「キクちゃん」と勝手に呼んでいた我々ラジオチームの話をすると
キャプテンは「あはは・・・・どうぞ、そうに呼んでください」と、やさしく承諾してくれました・・・・・・・(笑)

その後、高校時代にラグビーと出会った時の話から、プレー面や体にかかる負荷、
他の競技と異なるラグビーの話など、エイジアンナビゲーターの興味をそそる話を色々してくれたキャプテン。
ラグビー=スクールウォーズというイメージの強いエイジアンナビゲーター世代と違って
キャプテンは、このドラマを一度も見たことがないという世代・・・・・・・・・・(汗)思わず苦笑い。 



画像

第一印象から好感度抜群だったキャプテン。
とにかく目がやさしい!
もちろん試合中とは、見せる表情が全く違うとは思いますが、しっかりと相手の眼を見て話してくれ、
しかもラグビー初心者にも、わかりやすく丁寧にルールなど教えてくれました。


ラグビーは15人の競技ということは、みなさんもご存じだと思いますが、
そのポジションは?となるとどうですか?

おおまかには、前方のフォワード8人と、後方のバックス7人に大きく分けられています。

   @ A B 
    C D 
 E   G   F 
      
     H    
     I
   K   L
J         M
     N


前方の@〜Bの選手は、スクラムを組んだときなどに一番前で相手と組み合う人たち。
地味なポジションですが、この人たちがしっかりしていないとトライにはつながりません。
そして、その後ろで支えるのがC〜Gまでの選手。
このフォワードの選手たちは、試合でボールを獲得することが大きな役割となっています。
まさに縁の下の力持ち!
花形の選手に “花を渡す” 人たちですね。
相手と激しくボールを奪い合うため、パワーのある選手がこのポジションを占めているそうです。
最近ではバックスに要求されるような走る力も前方のフォワードに求められるようになっているようですね。

そして比較的花形なのがバックス(H〜N)
バックスはフォワードが獲得したボールを得点につなげる役割があります。
足が速く、パスやキックなどのテクニックに優れた選手が多いそうです。

ちなみにキャプテンのポジションFL(フランカー)は6番。(そのほかに7番もFLにあたります)
是非、試合では6番に注目してください・・・・・・・・(笑)



画像


今回のインタビューは約1時間ほど、和やかな雰囲気のなか行われました。
何だか今まで未知だったラグビーが、少しだけですがわかるようになった気がします。
試合では、まだルールなど細かい部分には追い付いていけませんが、
キャップテンに教えてもらった基本的なポジション位置を、実際の試合でも目で追えるように
観戦していきたいな・・・と思っています。

そして、日本代表チームの次回の試合は来月(6月)にフィジーで行われる
パシフィックネーションズカップです。
ここではアジアの代表として、サモア、トンガ、フィジー、ジュニア・オールブラックス(ニュージーランド)を相手に、
戦う予定となっています。
みなさんも、優しきサムライたち、“桜を背負った男たち”に声援を送ってくださいね。

※日本ラグビーフットボール協会の公式サイト
http://www.rugby-japan.jp/index.html
取材では広報の方をはじめ、協会のみなさまに大変お世話になりました。
ありがとうございました。

※写真はYプロデューサー提供

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうに優しい目をした好漢ですね。
こういう柔和な人が実は戦闘精神旺盛で激しく戦うひとだったりします。
ラグビーはちっともしりませんが、このインタビューで関心をもって見たくなりました。
スポーツ音痴爺
2009/05/27 12:02
スポーツ音痴爺さん
江戸の武士からのコメント、嬉しく拝見しました・・・(笑)
おっしゃるように、キャプテンのグランドで見せる視線は、
まさに戦う目でした。
試合後、厳しい表情のキャプテンに「お疲れ様」と声をかけたところ、
すぐにインタビューのような表情になり、何だかよくわかりませんが
嬉しくもあり、安心したエイジアンナビゲーターでした。
試合のリポートもまたあとでアップしますね。
私も同じように“ラグビー”の“ラ”の字も知りませんでしたが、
キャプテンの指導のもと、ポジションは答えられるようになりました。
(それだけでも嬉しい)
是非、一度実際に試合を見てみてください。
そのときは6番に注目してください・・・(笑)
エイジアンナビゲーター
2009/05/27 15:10
実は菊谷さんの大ファンです。
毎年フィジーに遊びに行っているのですが今年に限って別のところに旅行にいくことになり、まさに旅行に行っている期間にジャパンがフィジーに遠征していて少し残念でした。いつも試合中の厳しい表情しか見たことが無いので今回このサイトを見て菊谷さんの表情に少しびっくりです。普段から試合中の顔・・でも恐いですけどね。ジャパンの頼もしい存在、トライをぎりぎりで食い止めるディフェンスなどいつも試合を見ていて目を奪われます。今年は何とか一度、試合後に写真撮影したいな〜と思うのですがファンが多いのでなかなか難しいですね(笑)怪我に注意してがんばってほしいです。 ・・・とこのメッセージが届くと言いのですが。。
とろとろ
2009/06/24 22:07
とろとろさん
ようこそ「SUKA!アジア」へ・・・。
はじめまして。
菊谷キャプテンのファンからのコメント、嬉しく拝見しました。
インタビューの時は「ウチら目立たないフォワードより、
ファンのみなさんはカッコいいバックスの人に
注目しますから・・・」と、話していたキャプテンですが
いやいやどうして!このように熱いメッセージを送って
くれるファンが多いんですね。
先週のジュニア・オールブラックス戦では、残念ながら
負けてしまったものの、後半での日本初ゴールが
菊谷キャプテンのトライでしたね。
離れ小島のホテルのロビーで試合結果を見ながら
“南の島でもインターネットがつながる便利な世の中”
を痛感しました(笑)
見事勝利したトンガ戦に続き、次回のフィジー戦も
頑張ってほしいですね。
とろとろさんのように声援を送ってくれるファンが
いることは、きっと励みになると思いますよ。
エイジアンナビゲーター
2009/06/29 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜を背負った男たち 〜ラグビー日本代表チーム〜 SUKA!アジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる