SUKA!アジア

アクセスカウンタ

zoom RSS ぷち週末リゾート 〜ティオマン島〜 《ホテル編》

<<   作成日時 : 2009/07/04 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


のどかなティオマン島には、アットホームな民宿も点在しますが、南の島で“ぷちリゾート”を楽しみたい方には、Berjaya Tioman Beach, Golf & Spa Resort (ベルジャヤ・ティオマン ビーチ、ゴルフ&スパリゾート)がオススメ。島唯一のリゾートホテルは、テケ空港から車で5分ほど(徒歩だと15分くらい)。目の前がビーチという絶景です。しかも、客室のほとんどが独立したシャレー式の建物で、南国ムード満点です!では、ホテルの中をちょっとご紹介しましょうか・・・。


画像


ホテルはマレーシアやインドネシアの伝統的な建築様式を取り入れてあって、とっても落ち着く感じです。
こんなアジアンチックな橋を渡った先には、一戸建てのスタンダードシャレーが見えてきます。


画像


部屋に入ると、こんな感じ。
ベッドも広いし、家具もウッディーなデザインでシンプルにまとめられています。
天井には大きな扇風機がまわっていて、コロニアルな雰囲気たっぷり。
テーブルには、さりげなく南国の“ウエルカムフルーツ”が置いてあります。

もっと詳しく知りたい方は、ホテルのウエブサイトをご覧下さい。
Berjaya Tioman Beach, Golf & Spa Resort (ベルジャヤ・ティオマン ビーチ、ゴルフ&スパリゾート)のサイト
http://www.berjayahotels-resorts.com/tiomanresort.htm (英語&v中国語)

Berjaya Hotels & Resorts のサイト
http://www.berjayahotels-resorts.com (英語&中国語)


画像


そして、「あっ・・・そうだ!絶対有るはず」と思い、天井を見上げたら・・・。
やっぱり有りました キブラット
これは、メッカの方向を印した矢印で、イスラム教徒の多い東南アジアのホテルでは
必ずと言っていいほど見かけるものです。



画像


そして、スタッフが手作りしてくれたと思われる、葉っぱで作った虫たちが
お部屋でお迎えしてくれます。
宗教は違いますが、お盆のときに野菜でつくる馬や牛を思い出してしまいました・・・(笑)


画像


食事も、このような広々したメインダイニングで、多国籍な料理が楽しめます。
リゾートホテルだけあって、長期滞在する人も多いため、バイキングといえども
飽きないように細かくメニューを入れかえていました。
こういうサービスって嬉しいですよね。


画像


そして、最近オープンしたタイレストランでは、創作料理って言うんでしょうか?
本格的なThai・cuisine(タイ・キュイジーヌ)が楽しめます。
日本の座椅子にも通じるところのあるタイ式の座布団? かわいいですよね。

画像


エイジアンナビゲーターたちが食したのは、こんな料理でした。
キュウリとライムがベースになったアペリテフをはじめ、パリパリ海老のスプリングロール、
トムヤンクンベースの海鮮クリームスープ、メインのプレートアラカルト料理、
デザートにはマンゴーのデザートなど、どれも美味しかったですよぉ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
名古屋の悠子です
今、久しぶりにめぐちゃんのブログにアクセスしたら、
再開されていてうれしいです
元気そうでよかった!!
リゾート、いいね私もいってみたくなりました

また時々おじゃましま〜す
ゆうちゃん
2009/07/07 15:50
ゆうちゃ〜〜〜〜〜ん!!!!!!!元気かぁ〜い
書き込みありがとう、うれしいよぉ。
こっちに遊びにきたら、もうリゾートでもグルメでも、
どこでも連れてくよぉ(笑)
そっちも仕事ガンバってね。
これからも、ちょくちょくサイトに遊びに着てね。
エイジアンナビゲーター
2009/07/07 18:50
ホスピタリティがあふれていますね。
こういう居心地のいいリゾートの宿でゆっくりしてみたいものです。
メッカの方向サイン、なるほどと思いました。
今月号のJALの機内誌、浅○先生のエッセイは、映画『蒼穹の昴』の撮影立会で、老仏爺への思いを書いておられました。
入手されてますか?必要でしたら、PDFにして送りましょうか。
ひるね
2009/07/09 08:28
ひるねさん
くっ・・・くっ・・ください!!(笑)
あのお方(浅○氏)は、とかく世の中から悪者扱いされがちなキャラの人には
“本当はそうではないかもしれない”とか“こんな面もある”というような
切り口で表現されることが多いですよね。
「蒼穹の昂」を読んで改めて思いました。

北京にいた頃、「蒼穹の昂」ゆかりの地や、本に出てこなかった興味深い場所を自分で歩いた記録が残っているので、そのうちブログにアップしますね。

まずは・・・・・・・・ください。
お礼に“いいモノ”差し上げます(笑)
エイジアンナビゲーター
2009/07/09 10:45
了解です。
あす、PDFファイルを造ってみます。
できたら、まずは・・・おくります。
できなかったら、・・・郵送します。ごあんしんを。
来月もJALにのりますので、またおくりましょう。
送るときにはメールしますので。
ひるね
2009/07/09 14:27
ひるねさん
かっ・・かたじけない!お忙しいでしょうから、いつでもいいですよ。
無理されず・・・。
こちらからも“いいモノ”郵送します。
(焼酎ではないのでアシカラズ)
本当にブツはいつでもいいです
エイジアンナビゲーター
2009/07/09 19:41
メールしました(hotメール、生きてますか?)。

いまは完全プー太郎ですから、ヒマです。
さっそく作業しています(~~;)
ひるね
2009/07/10 11:07
ひるねさん
ありがとうございます。
ブツ楽しみにしていますね。
エイジアンナビゲーター
2009/07/11 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぷち週末リゾート 〜ティオマン島〜 《ホテル編》  SUKA!アジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる