アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アジア映画」のブログ記事

みんなの「アジア映画」ブログ

タイトル 日 時
ジャック・ネオ監督 最新作!Where Got Ghost?
ジャック・ネオ監督 最新作!Where Got Ghost? シンガポールを代表するコメディアンでもあり、いまではすっかり有名監督となった梁智強(ジャック・ネオ)氏の最新作が、間もなく8月13日(木)から当地で公開となります。それに先駆けて、先日メディア対象の試写会と記者会見が行われ、久しぶりに監督にインタビューしてきました。今回はオムニバスの3部作で、ジャック監督初のお化けモノだそうで、ホラーとコメディーの組み合わせで“ホーメディー”なんだとか・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/08 21:25
鄭伊健(イーキン・チェン)来了!
鄭伊健(イーキン・チェン)来了! 今週の初め、香港のスター・鄭伊健(イーキン・チェン)が来星しました。11 年前に大ヒットした香港映画「風雲(ストームライダース)」の続編が、今年の12月に公開予定ですが、一足も二足も早く、カウントダウンイベントが行われ、スタッフを代表して今回イーキンの単独来星となったようです。しかし・・・・・・・・11年前とまったく変わっていない彼に感心しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 03:35
月夜の上映会
月夜の上映会 シンガポールの国立博物館(ナショナル・ミュージアム)は、“気軽に立ち寄れるミュージアム”をコンセプトに、常設展示以外にも、常に様々な催し物が行われています。ミュージアムの中にはバーやレストランもあって、アフターファイブにミュージアムに立ち寄る人もいるようですね。なかなかお洒落です♪そしてエイジアンナビゲーターのオススメは、月夜の上映会!歴史的な建物のそばにあるバンヤンツリー(菩提樹の樹)の下で見る映画の上映会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/06 16:51
帰ってきた孫燕姿(ステファニー)
帰ってきた孫燕姿(ステファニー) シンガポールの歌姫・孫燕姿(ステファニー・スン)が、およそ2年ぶりに本格的に活動を再開することになり、ワールドツアー シンガポール公演のメディアコンファレンスが行われました。ここ数年は、アルバムのリリースもなく、目立った活動を控えていた彼女。それに、姉のように慕うシンガーソングライターの先輩が病気で亡くなってしまったり、恋人の存在をマスコミにつつかれたりと、やや心労も多かったようですが、先日の台北公演で本格的に活動を再開しました! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/05/29 23:33
これまた恭喜(おめでとう)!銘順&芳芳
これまた恭喜(おめでとう)!銘順&芳芳 シンガポールのビックカップルが本日入籍しました!俳優のクリストファー・リー(李銘順)と、女優のファン・ウォン(範文芳)です。おめでとう!阿哥&阿姐!!付き合い出して、もう何年になるでしょうか・・・。「いつゴールインするのか?」とか「今年の秋が有力だぞ」と、2009年結婚説がささやかれていましたが、突然の入籍。今晩の夕刊紙は、この話題がデカデカと出てましたねぇ〜。でも、国民みんなが認め、祝福するカップルでしょう。昨年11月にエイジアンナビゲーターもインタビューさせてもらい、二人の仲睦ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/16 23:54
エイジアンナビゲーター 仔仔に会う♪の巻
エイジアンナビゲーター 仔仔に会う♪の巻 いやぁ〜、“いい男は、近くで見てもいい男だった”・・・(笑)今月10日からシンガポールで封切られた映画「蝴蝶飛(ringer)のプロモーションで、F4の仔仔こと周渝民が来星しました。ラジオの取材で、アジアの芸能ウオッチャーことJさんの口ききで、オーチャードロードにあるキャセイビル(シネレジャーオーチャード)で行われた記者会見に行ってきました!そのあと、通されたのが、カラオケボックスの一室、そして現れたのが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/21 13:17
北京で見逃した・・・でも上海がまだある!「新加坡電影節」
北京で見逃した・・・でも上海がまだある!「新加坡電影節」 このところ出張などで地方へ行くことが重なったんです。その間にショックな出来事が・・・。エイジアンナビゲーターが北京を留守にしている間に「シンガポールフェスティバル」が開催されていたことが発覚!(笑)ガ−ン!!!!!って感じです。そういえば、エイジアンナビゲーターのシンガポール好きを知っている友人Iちゃんが「そういえばバス停の広告でシンガフェスティバルの案内みたいなの見たよ♪」と教えてくれたのが、つい先日。「まだ先のことだよな」とタカをくくっていたらこんなことに・・・(涙) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/22 14:40
チャイナでアジアなひととき 〜横浜中国映画祭〜
チャイナでアジアなひととき 〜横浜中国映画祭〜 珠玉の中国映画を満喫できる「横浜中国映画祭」が、今年も10月22日(月)〜25日(木)にかけて横浜市内で開催されます。今年はオリンピック開催を控えた北京をテーマに選ばれた6作品が上映される予定です。日本にお住まいの皆様・・・関東地方で生活されている皆様・・・そして横浜市民のみなさま・・・お急ぎください!間もなく開幕です!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/19 03:31
あの子を覚えてますか?
あの子を覚えてますか? 魏敏芝という人を覚えてますか?ウェイ・ミンジーと聞けば??わからないですよね・・・じゃあ「あの子を探して」の女の子と言えば思い出す人もいるかな?あの農村の小学校の代用教師を演じた、真っ赤なほっぺたが印象的な彼女です。数年前に北京電影学院を受験するという噂をきいたきりで、その後どうしたか知りませんでしたが、ビックリしたことにアメリカで監督デビューしたというニュースを見てさらにビックリ。そして、ここまで来るのに紆余曲折あった彼女の道のりを知って、もう一度驚きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/10 17:02
ロックな焼肉!
ロックな焼肉! 夏のはじめ頃から気になっていた焼肉屋があります。その店は小さな胡同を入ったところにあり、何でも聞くところによると、店内にはロックが流れている・・・と、言うじゃありませんか!その名も「焼肉人」・・・何てわかりやすいネーミングなんでしょう(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/09 16:05
行ってきました!映画「赤壁」ロケ地
行ってきました!映画「赤壁」ロケ地 普段仕事でお世話になっている、とある機関から「エイジアンナビゲーターさん、1泊2日で旅行に行きませんか?」と、お誘いがありました。最初は仕事もバタバタと忙しく、あんまり気が乗らなかったので断ろうと思ったのですが、行程表を見たら・・・「遊覧易水湖=国際著名導演呉宇拍撮最新大片《赤壁》的外景地(易水湖を遊覧=有名監督ジョン・ウーの最新作《赤壁》ロケ地)」とあるじゃないですか!!! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/30 02:14
清華大学的休日(学生街の喫茶店)
清華大学的休日(学生街の喫茶店) 北京にも、大学が集まる地区には、いい感じの学生街の喫茶店があります。エイジアンナビゲーターも、留学中に某理工大学付近にある喫茶店で、よく試験勉強してました。(懐かしい・・・涙)そこは、日本にもあるような洗練された小さな喫茶店で、留学が終わってからも、よく友人と通っていた店でした。そして、今回の清華大学ツアーでも、いい感じの喫茶店を見つけましたよぉ!伝統的な四合院造りの民家を改装した小さな店は、どちらかと言うと喫茶店というよりは書店(ブックストアー)の要素が強いかな?とにかくアカデミックな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/20 00:03
戸棚に眠る1本のビデオ 
戸棚に眠る1本のビデオ  先日、台湾のエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の訃報が届きました。7年近くの闘病生活を送っていたそうですが、癌からくる合併症のため、アメリカの自宅で亡くなったそうです。59歳・・・早すぎる死に愕然としました。しかも、この監督を知らなすぎて愕然としたというのが本音です。2000年に日本で見た『ヤンヤン夏の思い出』が、監督の遺作となってしまいました。実は、エイジアンナビゲーターが見たヤン監督の作品は、これが最初で最後になってしまったんですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/04 21:03
ネーピードー 〜王の住む場所〜
ネーピードー 〜王の住む場所〜 先日、首都機能が移転したミャンマーのネピドー(ミャンマー語で王の住む場所という意味)が、外国のメディアに公開されました。『あれ?ヤンゴンじゃなかったのぉ〜』と思う人もいますよね。実は最近、内陸部へ首都機能が移転しちゃったんです。国名もビルマからミャンマーに変わり、首都もラングーンからヤンゴンに変わった当時、さすがのエイジアンナビゲーターも時々混乱してました。また新しい名前を覚えないと・・・(汗) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/17 11:27
海南鶏飯を見て、海南鶏飯を食べる会
海南鶏飯を見て、海南鶏飯を食べる会 この前、友人が「海南鶏飯(香港映画・シンガポールでロケ)のDVDを見たら、急に海南鶏飯が食べたくなってシンガポールレストランに走ったけど、春節期間中で開いてなかった・・・くやしいぃぃぃ〜〜〜(涙)」という話を聞き、「じゃあ、その映画エイジアンナビゲーターも見てないから、もう一回見て、すぐ食べに行こう!」という、一見ヒマそうで、実は五感をフルに活用して楽しむという、美味しい企画が実行されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/31 20:31
香港は懐メロブーム
香港は懐メロブーム 先日の「SAPPORO 1972」の記事の中で、中島みゆきさんの「札幌SNOWY」をカバーした、香港の劉文娟(イボンヌ・ラウ)を紹介しました。その時、南方筋の友人に彼女の事を尋ねたところ、意外な情報が・・・・・・・・。実は、ここ数年、香港は懐メロブームだったようで、1950年代から1970年代に活躍した老歌手(ベテラン歌手)が、続々とテレビ出演していたそうです。きっと、香港版 “あの人は今” なんていう類の番組もあったんでしょうね。と!いうことで、今日は懐かしの香港ポップスのお話よ♪ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/26 23:42
SAPPORO 1972
SAPPORO 1972 2月に日本で放送されたドラマ『たった一度の雪』。みなさんご覧になりましたでしょうか?エイジアンナビゲーターも、やや遅れてビデオで鑑賞しました。このドラマ、1972年の札幌冬季オリンピックに、雪のない台湾からスキー競技に参加した選手がいたという実話を基につくられたお話です。日本人選手と台湾人選手の切ない恋の物語も絡んで、なかなかいいドラマでしたよ。主演は、これがドラマ本格復帰となる神田沙也加、そしてドラマ「東京タワー」にも出演していた台湾の陳柏霖(チェン・ボーリン)。何といっても、エイジア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/16 22:27
やられた・・・(涙)
やられた・・・(涙) 先日、以前北京に住んでいた友人が日本から遊びに来ました。穴場の飲茶の店でお昼を食べていると『DVDが買いたい!』と言うリクエストがあったので、一緒に市内の音像店(CDショップ)へ・・・。エイジアンナビゲーターは、普段からアジアもの(日本以外)を観賞する機会が多いので、この日は久々に日本モノをいくつかゲットして帰宅。夜、『さぁ〜見るぞ!』と、ワクワクしながらスイッチを入れたその瞬間、思わず氷ついちゃったんです。だって・・・・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/09 01:14
エイジアンナビゲーターが涙したアノ歌声
エイジアンナビゲーターが涙したアノ歌声 ここ最近、『もうすぐお正月(春節)だなぁ〜』という気分が、ジワジワと高まってきています。そして、極めつけがコレ!この時期、各単位(職場や機関)などが催す「新春聯歡会」。親睦会と学芸会と忘年会が一緒になったようなモンです。今回は、いつも仕事でお世話になっている“とある機関” の聯歡会にご招待いただき、スタッフの芸の数々を拝見しました。ホールまで借りきって結構本格的でしたよ。しかも、のっけから気合(?)の入った司会者たちが登場・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/02/09 02:42
あなた「ワ族」でしょ!?
あなた「ワ族」でしょ!? 先日、大理料理のお店に行った時のこと。お店のなかへ案内してくれた服務員(ウエーター)のお兄ちゃんが、なんとなぁ〜く雲南省の友人に似ていて、妙な親近感が・・・(笑)エイジアンナビゲーターと、さほど変わらない低い身長に、黒い長髪、よく日焼けしている顔など、“これぞ雲南”という容姿なんです。無愛想で、最初は話しかけにくかったのですが、意を決して『ねぇ、あなた雲南省の“西側”の出身じゃない?』と問いかけたら、返ってきた答えは・・・・・・。(続きはここをクリック→) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/20 23:15
北京でバレエ・デビュー
北京でバレエ・デビュー “とある部門”のご招待で、暮れに北京でバレエ・デビューしました!と、言っても決して踊った訳ではなく、見ただけなのですが・・・(汗)生まれてこのかたウン十年、ナマでバレエを見るなんて機会がなかったので、最初は『バレエかぁ〜、つまらなそうだなぁ〜』『招待してくれるからいいか・・・』などと、何ともバチアタリな気持ちで『いっ・・・いきますぅ・・・』と気の乗らない返事をしたのですが、中国NO1の中国国家芭蕾踊団(中央バレエ団)のレベルの高さに、思わず “失礼しました”って感じでした・・・(笑) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/11 14:13
北京・日本人街事件簿(胃袋魔人現る!)
北京・日本人街事件簿(胃袋魔人現る!) 『実演!胃袋魔人は何をするか・・・』、『あなたが一生の話の種』 しかし、スゴイ見出しですよねぇ〜。昭和18年という時代に、“一番不謹慎で、一番トホホな出し物” だったと思います・・・(汗)当時、北平(北京)には多くの日本人が住んでいただけあって、映画館や劇場も多く、新聞の広告からは内地からも頻繁に有名どころの役者さんが興行(慰問?)にやってきていたことがわかります。しかし・・・この胃袋くん。アホらしくて逆に気になるわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/28 03:06
昭和のB級ニュース
昭和のB級ニュース ここ数年、日本では映画のヒットなどもあり、ちょっとした “昭和回顧ブーム” だったようですね。そんな懐かしい昭和の時代を振り返る、もうひとつのアイテムがコレ!(笑)コラムニスト・泉麻人氏の著書『B級ニュース図鑑』です。泉さんと言えば・・・ちょっと前、三宅裕司氏と共に出演した「テレビ探偵団」での、ひょうひょうとしたコメントを思い出す人もいるでしょうねぇ〜。この本、たまたま古本屋で見つけたのですが、“箸にも棒にも引っかからないようなニュース”にスポットをあて、庶民の生活から見える貴重な昭和史... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/26 00:00
レ−コの死に、ツヨシしょんぼり・・・
レ−コの死に、ツヨシしょんぼり・・・ 『妻のレ−コが亡くなって、夫のツヨシが傷心・・・』これ、人間のニュースじゃありませんよ(笑)山口県の徳山動物園で大人気のマレー熊のことです。妻のレ−コに餌を横取りされて “お〜ぉ!どうしよう・・・(涙)” と言わんばかりに頭を抱えたポーズでリアクションする夫のツヨシがメディアに取り上げられて、すごい人気者になったんだそうです。だけど、先日奥さんのレーコが病死してしまい、残されたツヨシの寂しそうな様子がナント!全国ニュースで伝えられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/06 23:18
19:00の音
19:00の音 日曜午後6時30分と言えば何でしょう?思いつかなくても、“お魚くわえたドラ猫・・・”と聞けば分かりますねぇ。そうです!日本が誇る長寿番組「サザエさん」です。何でも先日のネット記事によれば、放送開始から37年なんだそうですね。エイジアンナビゲーターが生まれる前から続いているなんて、すごいぃぃぃぃぃ。それに“サザエさん症候群”と呼ばれるように、あの番組が始まると『あぁ〜休みも終わりだなぁ〜』と妙に感傷的になったもんです。ところで・・・中国にも“この音はコレ”っていうものがあります。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/05 13:15
ワンダフルライフ
ワンダフルライフ あの世の入り口で『あなたの人生の中から大切な思い出をひとつだけ選んで下さい。いつを選びますか?』と言われたらどうしますか?そして、『その思い出を7日間で映像にします』と言われ、上映会が開かれるとしたら・・・。雲の上で本当にこんなやりとりがあったとしたら、あの人はどんな映像を残したのだろうか。もしかすると『とても選べん!』と言っているかもしれない。恩師の一周忌に、ふとそんなことを考えました。放送人の基礎を、そしてアジアと付き合うキッカケをくれた,かけがえのない恩師でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/02 14:41
いまさらジロ―
いまさらジロ― 昨年暮頃からエイジアンナビゲーターは “いまさらジロー” 状態なのです。80年代にヒットしたあの曲じゃないですよ。それに、田宮二郎(かなり古いか・・・笑)でも、白洲次郎(もっと古いね。ちなみに11月28日は白洲氏の命日)、赤川次郎でもありません。最近「地下鉄に乗って」や「椿山課長の7日間」など、立て続けに原作が映画化されているアノ人ですよ。10年近く前に直木賞をもらっているのに、本さえも読んだことなかったんです・・・(汗)それが昨年、ひょんなことから “ジロー中毒” に。今日はエイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/27 21:23
今週末から横浜中国映画祭開催!
今週末から横浜中国映画祭開催! 今週の日曜日(26日)から、『横浜中国国際映画祭(上映会場・神奈川県民ホール)』が開催されます!日本未公開も含め、これだけまとまった中国映画が見られる機会は、そんなにありませんよ。しかも映画を楽しんで、中華街も楽しんでと、チャイナな一日が満喫できます。あぁ〜エイジアンナビゲーターに羽が生えていたら飛んでいきたい・・・(笑)26日(日)のオープニングセレモニー(会場・パシフィコ横浜)には、「上海家族」の彭小蓮監督、おしどり夫婦の孫海英&呂麗萍夫妻が舞台挨拶する予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/24 23:52
今日は夫婦そろってアジア映画でも・・・
今日は夫婦そろってアジア映画でも・・・ 11月22日は “いい夫婦の日” ですね。最近できた記念日かと思いきや、制定されてから今年で18年目なんですって。エイジアンナビゲーターのまわりは、子育てに忙しい知り合いが多いので、そんな余裕はないと思いますが、なかには「今日は夫婦そろって食事に行こう」とか、「たまには映画でも見に行くか」なぁ〜んていうご夫婦もいるのかな??昔々「金曜日にはワインを買って・・・」なんていうCMコピーがあったようですが、「今日は夫婦そろってアジア映画でも・・・」なぁ〜んて如何?? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/22 02:24
ロケ地探訪
ロケ地探訪 毎回、映画を見終わると、妙に “ロケ地” が気になるエイジアンナビゲーター(笑)「見知らぬ女からの手紙」も、北京で撮影され、立派な四合院(中国・北方の伝統家屋で、中央の庭を囲むように四つの棟からなる旧家)が印象的なので、エイジアンナビゲーターの “気になる度数” は最高値に・・・。画面の中のわずかな手がかりと、ネット記事を頼りに、ある胡同へ行ってみたところ!ビンゴぉ♪でした(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/10/22 00:59
見知らぬ女からの手紙
見知らぬ女からの手紙 アジア最大の映画祭「東京国際映画祭」が開幕しましたね。この映画祭ではアジア映画も数多く上映されるので、会場に行きたいのは山×2なんですけど、この時期日本に帰ることがないエイジアンナビゲーターは、もっぱらテレビのニュースで見ているだけです・・・(笑)最近、かねてから見たいと思っていた『一個陌生女人的来信(邦題:見知らぬ女からの手紙)』を、遅ればせながらDVDで観賞しました。この映画は、2年前の東京国際映画祭「アジアの風」部門で上映された作品です。世の殿方には、ちょっと “痛い映画” かもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/21 20:50
B型の彼氏
B型の彼氏 昔むかし「わたしの彼は左きき」って歌がありましたね。最近はこんな映画もありました。今年の初め、久しぶりに日本へ帰国したときに見た韓国映画です。破天荒なB型男性と、お人よしのA型女性のラブストーリーです。 “血で人の価値が決まるわけない!” とか、“人をたった4つの血で分けるなんて!” という声も聞こえてきそうですが・・・・・・・まぁ、難しいことは抜きに “笑える” 映画でした(笑)でも、韓国では映画の大ヒットと共にすさまじい血液型論争が巻き起こったようで、しばらく物議をかもしたとか・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/16 20:49
見上げてごらん夜の星を
見上げてごらん夜の星を 今日はニュースで、エイジアンナビゲーターのふるさとの山が一日中映し出されていました。まだエイジアンナビゲーターがセーラー服を着ていたころ、あの事故が起きたんですね。あれから、何度の夏が過ぎたでしょうか・・・。エイジアンナビゲーターのふるさとは、今日一日“鎮魂の祈り”に包まれていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/12 23:50
山西省文化を満喫! 
山西省文化を満喫!  山西省・・・・・・中国でも “じみ〜な省”です。でも、麺料理(刀削面)と黒酢は中国で一番美味しいところ♪昔の豪商の邸宅(日本の金持ちの家の敷地とは比べ物になりません・・・笑)が点在し、張藝謀(チャン・イーモウ)監督の「大紅灯籠高高掛(邦題・紅夢)」のロケ地としても有名!そんな山西文化を、見て・食べて・聞いてと三拍子で楽しめる場所があります。北京市内から少〜し離れた場所に、その店は “ぽつーん”とたたずんでいました。本当に周りには、なぁ〜んにも無いんです・・・・・・(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/04 02:49
ホンコン
ホンコン 「香港」でもなく「HongKong」でもない・・・・・・エイジアンナビゲーターにとっては「ホンコン」なんです。このカタカナが醸し出す怪しさと中途半端さ(笑)まだイギリス領だった頃、親戚の家に行くと必ずトイレに飾ってあった “ホンコンフラワー”。祖母がお土産でくれた “ホンコンのスライドおもちゃ”。なぜか吹き替えの声がズレるホンコン・ムービー。半期に1度ホンコンロケが行われ、悪役の筋肉ムキムキ香港人と戦うGメン75の面々。子供だったエイジアンナビゲーターの、まだ見ぬ怪しいホンコンの記憶です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/01 22:30
エイジアンナビゲーター ハルビンを行く!(赤い月の大地)
エイジアンナビゲーター ハルビンを行く!(赤い月の大地) 数年前に映画化された「赤い月(なかにし礼・著)」は、旧満州の牡丹江で造り酒屋を営んでいた一家が、終戦の混乱のなかハルビンから引き揚げてくるというストーリー。原作者の、なかにし礼氏の自伝的小説をもとに制作されたもので、映画では常盤貴子さん、ドラマでは高島礼子さんが主人公の波子を演じていました。映画は実際にハルビン周辺でロケが行われ、印象的な建物や場所が・・・、エイジアンナビゲーターは思いました 「気になる・・・(笑)」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/05/19 00:32
スクリーンに甦るケ麗君
スクリーンに甦るケ麗君 昨日、ケ麗君(テレサテン)の話題を、彼女のCDを聞きながら書いていたので、頭の中ではメリーゴーランドのように、テレサの曲がグルグルまわってます・・・(笑)夜には、それもピークとなり、なかなか寝つけなかったエイジアンナビゲーターは、ゴソゴソとアジアライブラリーをひっくり返して「甜蜜蜜・ラヴソング(1996年香港映画)」を観賞することに。この映画は、テレサの名曲が随所にちりばめられています。監督の陳可辛(ピーター・チャン)が彼女に捧げたオマージュ的な映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/09 20:14
今年は『日・星(シンガポール)観光交流年』です♪
今年は『日・星(シンガポール)観光交流年』です♪ 1966年に日本とシンガポール(1965年にマラヤ連邦から分離独立したばかり)が、外交関係を樹立して今年で40年。それを記念して、今年は「日・星観光交流年」だそうです。この1年、両国間の交流が多くなりそうです。いいなぁ〜。ちなみに昨年(2005年)は、SQ(シンガポール航空)が北京に就航して20年、シンガポール建国40周年で、北京ーシンガポール間が往復2000元(約28000円)という格安チケットが出るなど、美味しい1年でした。今日は汐留シティーセンターで、シンガポールフェアーなるイベン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/08 18:14
平和を考える日
平和を考える日 今年の4月7日は、いつもと違う一日だった気がします。最近、読書がマイブームのエイジアンナビゲーターは様々な本を読んでいます。先週読み終わったばかりの本が、辺見じゅん著「男たちの大和」でした。今日は61年前に、沖縄へ水上特攻を命じられた戦艦大和が沈んだ日です。本当に偶然ですが、昨年公開された映画を見られなかったため、話題作だし、せめて原作だけでも読もうと入手しただけの本ですので、まさか読み終わってすぐ鎮魂の日を迎えるとは思いもしませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/07 01:23
サム・リーと、桜と、“そーだんべぇ〜”(笑)
サム・リーと、桜と、“そーだんべぇ〜”(笑) 今日は「高崎映画祭・エイジアンナビゲーターの思い出(後編)」です。日本にいた頃、エイジアンナビゲーターは映画祭関係者と、主に広報(宣伝)方面で関わりをもっていました。取材した内容を番組で紹介することもあったのですが、その中でも忘れられない出会いが・・・。2000年3月30日、エイジアンナビゲーターが初めてサム・リー(李燦森)と出会った日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/01 01:27
雲南省の少年が流した涙
雲南省の少年が流した涙 1987年にスタートした“映画祭の草分け的存在”である「高崎映画祭」も、今年で20周年だそうです。今まで縁の下の力持ちで運営を支えてこられたスタッフの皆さんに、北京から『20周年おめでとうございます』と、お祝いの気持ちを込めて、昨日は映画祭の話題を書きました。今日は、エイジアンナビゲーターと映画祭の思い出です。まずは思い出編・前編を・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/31 02:09
あぁ〜ふるさとは“桜”と“映画祭”の季節だなぁ〜
あぁ〜ふるさとは“桜”と“映画祭”の季節だなぁ〜 毎年この時期になると、桜の開花とともに気になるのが故郷で開催される「高崎映画祭」です。若手監督作品や、珠玉の日本映画、話題の洋画、そしてエイジアンナビゲーターは涙が“ちょちょぎれ”そうになるアジア映画の数々が、80本近く上映されます。開催期間中は、高崎の街が映画館という感じで、映画祭が運営するミニシアターだけでなく、群馬音楽センター(2000人近く収容できる音楽ホール)から、小さなホールまで、街の様々な場所で映画が上映されます。1987年に始まったこの映画祭も、今年で20周年だそうです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/30 02:29
マレーシア音楽の父 Pラムリー
マレーシア音楽の父 Pラムリー あるときは映画監督、あるときは俳優、あるときは作曲家であり歌手、その正体は・・・・・、マレーシアで国民的な有名人、“マレーシア音楽の父” と呼ばれる人物、彼の名前はPラムリー。作曲家という面ではマレーシアの服部良一、歌声はマレーシアのフランク永井、知名度で言えばマレーシアの石原裕次郎、もしくは美空ひばりといった感じの大スターでした。1929年3月22日にペナン島で生まれた彼は、1973年5月29日に44歳の若さで亡くなりました。生きていれば、今日で77歳になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/22 21:44
力道山
力道山 この時代、私は存在していませんでした。もちろん “街頭テレビ” も、“シャープ兄弟” も知りません。この人の勇姿を見ることができるのは、今は写真の中だけです。その私の知らない力道山を、私が知る俳優が演じています。日本では、今日から全国ロードショーが始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/04 22:38
タイ映画のツボ(その2)
タイ映画のツボ(その2) 先日も紹介しましたが、タイはアジアでも香港やインドと並び、近年映画産業が盛んな国です。でも、日本では、あまり知られていませんよね。そうでなくても、現在“韓流ブーム”で、圧倒的に韓国映画が上映される機会が多く、東南アジアの映画なんて皆無といっても過言ではないほど・・・(涙)北京にいたっては全滅です・・・(涙)さて、そのタイの映画が日本と深い関わりがあることを知って、エイジアンナビゲーターは、さらにビックリ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/02 23:07
タイ映画のツボ(その1)
タイ映画のツボ(その1) 思えば、それは衝撃的な出会いでした・・・。私が日本を離れる直前の、2001年4月に見たタイ映画「アタックナンバーハーフ」!レギュラーメンバーの1名を除いては、全員がニューハーフというバレーボールチームが、おなべの監督の指導のもと、国体で優勝するという嘘のような本当の実話をもとに制作された、タイのスポコンムービーです。さぁ、みなさん!何の偏見も、期待も、恐怖心も持たずに、エイジアンナビゲーターの“タイ映画のツボ”を呼んでみましょう(笑)→続きはコチラ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/01 15:49
バンコク国際映画祭
バンコク国際映画祭 タイでは、タクシン首相の辞任を求める6万人規模の反政府集会が行われ、物々しい騒ぎになっているようです。が!その同じバンコク市内のシネコンでは、今月17日から「バンコク国際映画祭」が開催中!本日(27日)無事に閉幕となりました。今年の映画祭(特にオープニングセレモニー)は、プミポン国王の即位60周年のお祝いもあり、例年以上に豪華だったようですよ。そのオープニングには、日本からもタイ映画「INVISIBLE WAVES」に主演した浅野忠信さんがゲストで出席。今年は60カ国から200以上の作品... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/27 21:40
バレンタインデー “情人節” の贈り物
バレンタインデー “情人節” の贈り物 いまやバレンタインは世界共通というか、アジア共通になりつつありますね。日本では“女性が男性にチョコレートを送り、愛(もしくは気持)を告白する日”という定義がありますが、お国が変われば品変わる・・・ではないですけど、アジアを見渡すと様々なバレンタインがありますね。今日は、そんなアジアのバレンタインと、ちょっと変わった贈り物について・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/14 03:11
お茶漬けの味
お茶漬けの味 北京のCDショップの一角に、見たことのある映画の名前が・・・。しかも小津安二郎監督の作品。「お茶漬けの味」!しっ、しぶすぎるぅ〜。一般に良く知られている「東京物語」や「麦秋」ではなく「お茶漬けの味」ってところがいい!(笑)だから私も足を止めたんですよ。実は、この映画、2003年に「小津安二郎生誕100周年記念シリーズ番組」で、偶然見た作品ですが、私が小津監督の作品の中で一番好きな一作であり、一番心に残る一作なんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 23:31

トップへ | みんなの「アジア映画」ブログ

SUKA!アジア アジア映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる