SUKA!アジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京で果物狩り(トラクターにゆられて〜♪)

<<   作成日時 : 2006/08/02 01:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


ここは北京郊外の農園です。友人のY嬢が『野菜、果物、薬草(生薬?)が無農薬栽培のところがある』というので、勇んで長距離バスに乗ってやってきました―!!バスで2時間ほど、ボロボロのバイタクにゆられること20分、着いた先は青空の下に広がる広大な敷地!う〜ん・・・充分期待できそうですよぉ〜。門でバイタクが通せんぼされ(関係車両しか入れないらしい) “施設まで歩け” と、冷たく言い放たれても、その先には無農薬野菜が待っていると思うと足取りも軽いですよ(笑)まずはその新鮮野菜を使った農家飯(田舎料理)で腹ごしらえです♪


画像


今まで農家飯で美味しいシロモノに出会ったことがなかったので、あまり期待しないで行ったのですが、今回は美味しかったぁ。この日は、前菜2品、メインの炒め物系の料理2品にご飯がつく1人30元のセットでした。手作り豆腐の炒め物も美味しかったし、何より いかにも“ウチの畑で作りました!” って感じの人参と牛肉の炒め物はGoodでした!!

画像


敷地内にはホテルもあって、週末を過ごす北京市民も大勢いました。写真は、レストランの前からホテルへ続くアプローチです。童話の世界みたいでカワイイ感じですよね。

画像


蔓の巻きついたアプローチを抜けると・・・・・・ヨーロッパ風の建物が!陽のふり注ぐベランダに、中華風の紅ちょうちんってとこがいかにも中国ですが、まぁそれもご愛嬌ということで(笑)

画像


ここは留学経験のある中国人設計士によるデザインだそうです。部屋も清潔で、1泊450元(約6300円)前後から900元台(約12000円)まで、部屋のタイプによりお値段も様々。今回は日帰りだったので、お部屋拝見だけで早々に退却。
油をうっている場合じゃないですよね・・・(笑)

画像


本日摘み取れる野菜は特に珍しいものはなかったので、果物狩りをしようということになりました。
(結局、薬草は栽培していないことが発覚!ガセネタだったのか・・・汗)
さっそく受付に行ってみると “自力で畑に行け” というではないですか。こんな広大な敷地、とても歩いてなんて行ける訳がない!それに迷子になったらどうすんねん!!
どうやら、マイカーで来る人ばかりなので、畑にも車で移送してもらうようです。わざわざバスとバイタクを駆使して来ようなんてモノ好きはエイジアンナビゲーターたちくらいみたいです(笑)

案内してくれと言うと、案内する側も歩きたくなかったのか最強のマシーンを出してきました。
コレです! ↓


画像


・・・・・・・・(汗) トラクターではないんですけど、バイクを改造した “バイクター” (笑)
でも、歩くよりはマシ。

画像


♪ドナドナド〜ナ ドーナァ〜 売られてゆくよぉぉぉ♪ って感じでした。あはは・・・(汗)
まさかバイクターの荷台に、日傘さしながら乗るとは思いませんでしたけどね。でも、風をきって走るのも気持ちいいもんです← マイカーが無いからって負け惜しみじゃないですよ。


画像


果樹園には、たわわになった油桃(すももやぼたんきょうのようなもの)や、李(プラム)がありました。少し前まではサクランボ、このあとは梨やリンゴの時期だそうです。

画像


果物狩りといっても、畑にいたオバさんがずっと同行していて「これが甘い」とか言いながら勝手に取ってくれるから、見てるだけの状態でしたけどね。でも、甘くて美味しかったなぁ〜。

バイクターにも乗れたし(笑)お日様も浴びて、ビタミンも補給できたし、なかなか充実した一日でした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
中国の農作物、と聞くと、ドナドナもといどくどく、というイメージが先行しています。
こういう有機、減農薬、無農薬へのこころみもあるのですね。
ここは、すこし観光施設化しているのかなあとも思いました。
秘剣
2006/08/06 10:02
日本でも無農薬栽培って大変だそうですね。(特に野菜)なので中国では・・・・・・(汗)無農薬栽培とう名の低農薬栽培かもしれませんね。施設内は観光目的で整備されている部分と、元からあるのどかな部分と半々といったところでしょうか。ここのように一日楽しめるスポットが、郊外には結構あるんですよ。
エイジアンナビゲーター
2006/08/07 00:10
中国の野菜や果物は、農薬がタップリ使われているかと思ってましたが・・・ちゃんと(失礼!)無農薬栽培も行われているんですね。
この辺りにもベリー摘みをさせてくれる農園がありますが、もうシーズンは終わってしまったようです。
バイクターの乗り心地はいかがでしたか?
日傘を差して貴婦人のようですね!(笑)
こぶたのほっぺ
2006/08/07 05:56
まぁ、ここの無農薬栽培も怪しいもんですけどね・・・(汗)
そちらはベリー摘みですか、いいですね。畑までは、もちろんバイクター??(笑)
バイクターの乗り心地は、まぁまぁでした。でも、貴婦人はバイクターに乗っちゃいけません。馬車じゃなくちゃね。

エイジアンナビゲーター
2006/08/07 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京で果物狩り(トラクターにゆられて〜♪) SUKA!アジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる