SUKA!アジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は端午節 

<<   作成日時 : 2009/05/28 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



本日5月28日は端午節(端午の節句)です。日本では新暦でお祝いするため5月5日となりますが、中華圏では旧暦でお祝いするため、毎年5月下旬から6月にかけてやってくる年中行事です。日本人にとって端午の節句といえば、“鯉のぼり”や“兜”ですが、チャイニーズの世界では “ちまき” に “ドラゴンボートレース” ですね。エイジアンナビゲーター、今年は “ちまき” ではなくて “ちまき風パン”を発見!早速食べてみました。


端午節は、チャイニーズの伝説では 屈原(くつげん)という偉大な詩人から由来するようです。
国が悪くなっていくことを嘆いた屈原は、ある日 川に身を投げてしまいます。
そのとき、彼を慕う人々は、川の魚が屈原の亡骸をつつかないように、舟(ドラゴンボート)に乗り
ちまきを川に投げ入れたそうです。
最初はお米を投げ入れたという説や、ただ放り投げるのは失礼だからと舟に乗って近くまで行き
そっと投げ入れたという説もあります。

そんな中国古来の伝説などからくる年中行事を知るには、これがおススメ!
北京土産にも最適ですよぉ〜。

http://suka-ajia.at.webry.info/200601/article_5.html (2006年1月「この本使えます!」)

シンガポーリアン・チャイニーズの友人によれば、シンガポールで最も食べられているのが
広東式のちまきだそうです。
餅米のなかに、肉や、栗、蓮の実、緑豆、塩付の卵などの具が入ったものを、芦の葉で三角形に包んだものです。
福建式のちまきは、少し味が濃い目で、
ほかにも潮州(テオチュー)式のちまきもあるそうですが、友人は広東&福建の子孫なので、
潮州式は食べたことがないとか・・・。
ちなみに、エイジアンナビゲーターは、中国とマレーの融合文化・ペラナカン式のちまきが好きです!
牛肉のしぐれ煮のような中に、蓮の実やレンコンなど歯ごたえのよい具が入り、八角の味が強い感じです。


そして、今年は地元のパン屋(○レット○ーク)で発見した ちまき風パン にトライしてみました。
まさに餅米をパンにしただけで、具もちまきとほぼ同じような感じでおいしかったです!


画像


そして、そのパンの横には、こんなパンも・・・。
これ、端午節に一部の区間で開通したシンガポールの地下鉄(MRT)のサークルラインに引っかけた新商品。
その名も サークルライン ・・・・・・・(笑)
言われてみれば、黄桃の部分が地下鉄がグルグルまわりながら走っているように見えなくもないかな??
それに、南瓜子(かぼちゃの種)がふりかかっているところが、またチャイニーズっぽくていい感じ。
(ちなみに、MRTのサークルラインは2011年に全線開通します)

このパン屋さん、結構時事ネタを新作づくりに取り入れてます。
去年の四川大地震のときも、買うとそのまま募金ができるパンダパンを売って話題になってました。

詳しくはこちら
http://suka-ajia.at.webry.info/200805/article_1.html (2008年5月「海の向こうからも応援してます」)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おすすめの本、イラストもよかったです。
たしか友誼百貨店で買ったのでしたっけ?
愛読しました。

ベラナカン式のちまき、読んだだけで美味しそうです。
懐かしい本@爺
2009/06/03 20:30
懐かしい本@爺さん
そうでしょ♪・・・(笑)
確か、北京を離れる頃「もう買えなくなるかな?」と思い、建国門の友誼商店へ行ってみたのですが、表紙がちょっと変わってました。
まだ有るのかな?懐かしいなぁ〜。
エイジアンナビゲーター
2009/06/04 14:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今日は端午節  SUKA!アジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる